FXに於けるロスカットの重要性と対策について説明します。

ロスカットの重要性と対策

ロスカット重要性

FXによる取引を行う場合、必ず覚えておく必要のある専門用語であり、制度の一つがロスカットです。

ロスカットとは、
例えば、FXによる取引を行っていた際、所有するポジションが損失を出してしまい、証拠金としてFX業者に預け入れている元手資金が一定の割合以下に落ち込んでしまった場合に強制的にそのポジションが逆決済され処分されてしまう制度のことを指します。いわば、証拠金自体がゼロどころか、マイナスに陥ってしまう前に、被害を最小限に抑える目的で、法律によって定められている制度というわけです。

ですから、このロスカットが実施されてしまうことによって、思わぬ損失を出してしまう危険性もある為、できるだけロスカットが発動されないように注意しながら、取引を行う必要があります。

ロスカットを発動させないようにする手段としては、二つあります。
一つが、できるだけ損失となるようなポジションを所有しないようにすることであり、
もう一つが、ロスカットが執行される前に、損失を出しているポジションを自らの意思で決済してしまう方法です。

また、ロスカットを回避する暫定的な手段としては、証拠金の割合を、入金によって更に高める方法も挙げられますが、これは、あくまでも一時的な回避手段に過ぎない為、更なる損失を出さないよう取引を心がける事が重要です。